概要と利用シーン

巷には、「電話秘書サービス」と呼ばれるサービスも存在します。こちらは、その名の通りに、秘書のような役割を果たし、企業の電話応対を代行してくれるサービスです。このサービスでは、依頼者宛に入った電話に、代行会社のオペレーターが代わって応対し、その内容を電話・メールなどの通信手段で連絡してくれます。

一口に電話秘書サービスと言っても、応対の内容や情報量、報告手段などの異なるさまざまなプランが存在する状況にあります。したがって、それぞれの特徴を理解し、自身の特性に照らし合わせて、適切なものを選択することが大切です。

会社の信用度を高めるためには、固定電話番号を持つことがおすすめの方法です。固定電話を持つことで、しっかりとした信頼できる会社という印象を与えることができます。

とは言うものの、スタートアップの時期には、資金が不足して、固定電話を引いて電話応対スタッフを雇用する余裕がないというケースも多く見受けられます。また、セールスなど、外回りの仕事で、オフィスを留守にしがちだと、せっかく固定電話があっても、出られない場合が多くなってしまいます。そのような場合には、留守番電話で対応するという選択肢もありますが、留守電の対応だけでは不満という人も存在します。